作者別: admin

マーケティングプロモーションを行うライダースパブリシティ

ライダースパブリシティは昭和40年の12月4日に設立された企業で、代表取締役社長執行役員を務めているのは松崎正氏です。資本金は44,000万円で、事業内容の豊富さに定評があるようです。総合広告会社でありながら総合住宅展示場のプロデュースも行っているようです。セールスのプロモーションやマネジメント、イベント等のメディアコンテンツのプランニングやバイイング、プロデュースも手がけているようです。メディアも新聞や雑誌、テレビにラジオ、インターネットと多岐に渡ります。各種アドバタイジングや屋外広告、サイン、ディスプレイなどのプランニングやプロデュース、クリエイティブ制作なども手がけるほか、フィットネスFC事業も展開しています。

マーケティング・プロモーションを手がけるライダースパブリシティでは、心に響くコミュニケーションをつくり出すだめに必要な確かな実績とノウハウがあるようです。ライダースパブリシティのマーケティング・プロモーションのセオリーは、当たり前が通用しなくなりつつあるといわれている変化の時代においても不変なのだそうです。それは、企業と生活者という二つの視点でシビアに市場を観察するのと同時に、生活者の本音や価値基準を的確に捉えることで、これまで以上のマーケティング課題を抽出することに成功しているという点がまず一つ。そしてもう一つは、クライアント企業の持つサービスや商品の持つポテンシャルを生活者にフィットするようなコミュニケーション戦略に変えて提案することに長けている点です。変化の時代において、どのようなジャンルの業種においても社会や市場、生活者とクライアント企業を繋げる結節点となる効果的なソリューションをライダースパブリシティは提供し続けているようです。

ライダースパブリシティの持つマーケティング・プロモーションの媒体にはテレビやラジオ、新聞や雑誌、行政媒体や出版・企画、OOH、インタラクティブといったものがあります。いわゆるマス媒体からインターネット媒体まで、取り扱いを幅広く行っており、メディア展開もクロスさせるような取り組みも提案しています。

昭和40年に設立されたライダースパブリシティでは、様々な事業展開を行っています。その中でも目を惹くといわれているのがマーケティング・プロモーション事業です。企業と生活者の二つの視点を持つことでライダースパブリシティはサービスや商品のポテンシャルを引き出します。

管理人が選ぶサイト◇◇◇家サイト/ライダースパブリシティ

Categories: Uncategorized

ライダースパブリシティのマーケティングのセオリー

様々な事業領域を持つライダースパブリシティですが、大きな割合を占めているのはマーケティング・プロモーションだという声が聞かれます。確かなノウハウと実績を持ち、心に響くコミュニケーションを作り出すことができるそうです。現代は変化の時代といわれているようで、当たり前が通用しなくなりつつあるといわれています。しかし、そのような中でもライダースパブリシティのマーケティング・プロモーションのセオリーは変わらないらしいです。

これは、生活者と企業という二つの視点を持つことに関係があるといわれています。二つの視点を持つことでシビアに市場を見ることができ、それと同時に生活者の価値基準や本音を掴むことができるそうです。そうすることで、マーケティング課題の抽出という点において、これまで以上に的確な成果をあげることができるとされています。さらに、ライダースパブリシティのマーケティング・プロモーションのセオリーだといえるようなことがあります。クライアント企業の持つサービスや商品のポテンシャルを最大限に生かすようなコミュニケーション戦略を生活者の価値基準や本音にフィットする形に変えて提案することがこれにあたります。変化の時代の中でも、社会や市場、生活者やクライアント企業を繋げる結節点といえる存在となり、どのような業種においても効果的なソリューションを提供し続けることがライダースパブリシティには可能なようです。

マーケティング・プロモーションにおいて強い力を持っているライダースパブリシティ。その要素を固めているとされているのが、メディア、クリエイティブ、プランニング、マーケティング、セールスプロモーション、デジタルなどです。この中のクリエイティブは、クオリティや説得力、実効性という観点からコミュニケーションをデザインするためのクリエイティブを追求することを指します。顧客から本質となる課題を聞き出し、コンセプトがブレないように基盤を固めることで、生活者の心を動かすような表現の広告を提案するのです。ライダースパブリシティと制作会社ホットラインが独創性を集めて、顧客も含めたチームづくりをするということに重点を置いているようです。

ライダースパブリシティのマーケティング・プロモーションは変化の時代と呼ばれる中でも不変のセオリーがあるようです。それは、生活者と企業の二つの視点を持つことと、企業のサービスや商品のポテンシャルを活かすことだとされています。

Categories: Uncategorized

ライダースパブリシティのメディアを使ったマーケティング

マーケティング・プロモーションにおいて重要な点とは一体どんなことなのでしょうか。ライダースパブリシティでは、変化の時代という当たり前が通用しなくなりつつあるという現代においてもセオリーが変わらないそうです。

そのセオリーとは、企業と生活者の二つの視点を持ち市場をシビアに見つめること。そしてもうひとつは企業クライアントの商品やサービスの持つポテンシャルをフィットする形で提案することだといわれています。企業と生活者の二つの視点を持つことでライダースパブリシティは生活者の本音や価値基準を捉えることが可能となり、従来よりもはっきりとマーケティング課題の抽出ができるとされています。また、このことによって、ライダースパブリシティはクライアント企業の持つポテンシャルも生活者の価値基準や本音にフィットさせるコミュニケーション戦略へと導くような提案が可能となるらしいです。どのような業種においても、社会と市場、生活者とクライアントを繋げるような存在となり、変化の時代において効果的なソリューションを提供しているのがライダースパブリシティなのだそうです。

マーケティング・プロモーションにおいて大切なことに、メディアの使い方が挙げられる場合があります。電波媒体と呼ばれるものにはテレビ、ラジオがあります。紙媒体と呼ばれるものには新聞、雑誌、タウン情報誌、フリーペーパーがあるでしょう。そして、屋外広告といわれているものには大型ビジョン、ロードサイド広告、ビル屋上広告があります。また、交通広告やネット媒体などの各種メディアを使い分けることがマーケティング・プロモーションを行うときには大事なのだそうです。

ライダースパブリシティでは、マーケティング・プロモーションを行う際にメディアを使う場合、顧客へのヒアリングから行います。これは、顧客の取り扱っている商品やサービスのターゲットやスケジュール、エリアや予算などの希望、課題といった情報を集めることで、より大きな成果を得るように準備をするためです。こうしたヒアリングからライダースパブリシティはメディアプランを作成します。各メディアとの打ち合わせの結果、顧客の広告目的と生活者において最適なメディアプランが立案されるのです。こうしたメディアプランは打ち合わせを行い、提案内容を説明、そして意見が提出されます。出てきた意見をもとにメディアプランは再考されるので、双方納得した形で広告ができあがるといいます。

曲がらないセオリーでマーケティング・プロモーションを行うライダースパブリシティは、メディアプランの実践に長けているようです。

Categories: Uncategorized

ライダースパブリシティのプランニング

総合広告会社であるライダースパブリシティは昭和40年12月4日に設立されたのだそうです。セールスプロモーションやマネジメント、新聞や雑誌などの紙媒体、テレビやラジオなどの電波媒体のほかにも、インターネットやイベントなどのメディアコンテンツのプランニングなどを行っています。

そんなライダースパブリシティのマーケティング・プロモーションのプランニングは、フレキシブルかつ多角的な発想を持っているといいます。そこに培ってきたノウハウが集まり、最適なソリューションへクライアントを導く戦略的なプランニングを提案することができるそうです。

たとえば、ライダースパブリシティの行う新規店舗オープン告知のプランニングについて触れてみることにしましょう。まず行われるのはヒアリングです。クライアントの目標をまずヒアリングすることで、その目標をライダースパブリシティも共有します。そうすることによって、同じ目標に向かってどのような取り組みができるのかという、様々な提案ができるようになるそうです。

その後、ライダースパブリシティは市場調査を行います。周辺の競合店の状況や、業界全体の動き、市場の動向などのデータを分析することや、アンケート調査を行うこともあります。こうした調査の情報を参考にしながら、今後の判断基準や行動の基準になるコンセプトを決定します。このコンセプトはライダースパブリシティで共有され、これに基づく企画づくりを行い提案がなされるのです。

こうして考え出された企画案をどのメディアで行うか、こちらも重要なポイントなのだそうです。ライダースパブリシティでは、いつ、どこで、誰に訴えかけるのがクライアントに対して1番効果的なのかを考え、それを提案します。ライダースパブリシティはあらゆるメディア媒体に通じているので安心感があるという声も聞きます。

こうして準備を重ねた告知はオープンに合わせて行われます。その告知の反響やオープンしたあとの集客の状況などをヒアリングし、さらなる広告展開について検討することも可能です。PDCAを回してクライアントの持っているサービス、商品の効果を最大限に引き出す取り組みだといえるようです。

ライダースパブリシティの行うマーケティング・プロモーションのプランニングは、クライアントにとってベストなソリューションに導く戦略的なものだといわれています。こうした取り組みがクライアントに支持されている要因の一つとなっているようです。

Categories: Uncategorized

ライダースパブリシティのマーケティングの流れ

総合広告会社のライダースパブリシティは、マーケティング・プロモーションに対して様々な取り組みを行なっているようです。それは、当たり前が通用しなくなりつつあるといわれている変化の時代の中でも変わらないマーケティングのセオリーがその根底にあるようです。ライダースパブリシティは生活者と企業の二つの視点で市場をシビアに見つめることで、的確にマーケティング課題を抽出し、それと同時に生活者の本音や価値基準を捉えることを行います。そして、クライアントの持つサービスや商品のポテンシャルを生活者の本音、価値基準にフィットするようなコミュニケーション戦略に変えることで提案を行うのです。ライダースパブリシティはどのような業種においても、また、変化の時代においても社会や市場、生活者、そしてクライアントを繋げる存在となるようです。その中で効果的なソリューションをクライアントに提供しているといわれています。

ライダースパブリシティのマーケティングという取り組みを一つ取り上げてみましょう。マーケティングの第一歩である市場調査では、顧客の知りたいと思っている情報をヒアリングできるように提案を行います。そして、今後の営業活動に繋げていくのです。

ライダースパブリシティの情報ヒアリングはクライアントの営業の状況を聞き出すことで、課題がどういったものか、どういった市場の動向が今後の営業活動に影響するかという点をあぶり出します。こうしたヒアリングを元に調査概要案を作成していくのです。調査の内容は2種類あって、市場全体の動向を把握するための定量調査と、より深い情報を掴むための定性調査があります。定量調査はインターネット調査と呼ばれ、定性調査はインタビューともいわれるようです。顧客にとってどちらが適切であるか、または両方行った方がいいのかを精査します。年齢層や職種移住地など、適切なターゲットは誰か、質問内容の検討資料としてまとめるなどしているようです。

ライダースパブリシティが提出した調査案は提案内容を説明した上で、クライアントからの意見を聞くような流れになります。そこで出された意見により調査がブラッシュアップされ、再度提出という形になります。クライアントが納得するまで繰り返し行われるようです。これによって調査内容が確定し調査を実際に行います。こうすることによって具体的な施策の提示ができるようになるそうです。ライダースパブリシティのマーケティングの流れはこのようになっています。

Categories: Uncategorized